ニキビ跡の治療方法

ニキビ跡の治療方法

ニキビ跡の治療は皮膚科や美容皮膚科、美容外科で受けられます。

 

皮膚科ではニキビ跡の治療方法として、外用薬や飲み薬の処方、ケミカルピーリングなどが行われてます。
保険が使え、安く済みますが、時間がかかります。

 

美容皮膚科で受けられるニキビ跡の治療方法にはレーザー治療、光治療・高周波治療があり、
美容外科では手術も含めた治療方法が受けられます。

 

ニキビ跡の治療に使われるビタミン剤外用薬の代表はビタミンC誘導体ローションです。
ビタミンCは、炎症を抑えたり皮脂の分泌を抑制したり、ニキビ跡ができる原因になる色素沈着を改善します。

 

赤みの残るニキビ跡にはまだ炎症が治りきっていないため抗炎症剤を使って、ニキビが再発することを防ぎます。

 

既にニキビ自体は治っている色素沈着やクレーターにはターンオーバーを促進するトレチノインが使われます。
色素沈着したニキビ跡の治療方法にはトレチノインと、美白効果の高いハイドロキノンを併用します。
皮膚内に蓄積されたメラニンをターンオーバーで排出し、ハイドロキノンでメラニン生成を抑制して美白を進めます。

 

これらの薬は医師による処方が必要です。
美容皮膚科で相談の上、外用薬の治療を受けてください。

 

シリコンジェルの塗り薬をニキビ跡に塗る方法もあります。
有効成分を皮膚に浸透させるのではなく、皮膚表面をシリコンの目に見えない膜でカバーする事が目的の薬です。
肌を丈夫にし表面を滑らかにし、毛穴や肌を清潔な状態にしてくれます。

 

浅いデコボコ型のニキビ跡を徐々に滑らかにしていく治療法にも使われています。
1日1回、ニキビ跡に塗るだけですので簡単です。

 

内服薬(飲み薬)を用いる場合はアクネ菌を殺菌する目的で抗生物質、
メラニン生成を抑制させる作用があるということでトラネキサム酸、
ビタミン剤や漢方薬、ホルモン剤などが処方されています。

 

薬以外にも治療法はあります。

 

ケミカルピーリングは、新陳代謝の悪くなった角質を化学的な物質を使って少しはがして新しい肌の再生を促す方法です。
ニキビ跡の治療には、フルーツ酸が使われます。
弱い酸なので肌へのダメージが少ないです。その分、複数回の治療が必要となる特徴があります。

 

光治療は特殊な波長を持つ光を、高周波治療はラジオ波と呼ばれる電磁波の一種を照射します。

 

レーザー治療と比較すると肌への負担が少ないというメリットがあり、
レーザーのように症状によって機械を使い分ける必要がありません。

 

数回に分けて施術を受ける必要があります。
ただ、デコボコの深すぎるクレーターには効きません。