色素沈着の原因と消す方法

色素沈着の原因と消す方法

皮膚が炎症を起こしてシミになって残ったものを炎症性色素沈着といいます。
ニキビ跡の茶色いシミも炎症性色素沈着です。

 

ニキビ跡が色素沈着を起こしてしまう原因は、ニキビの炎症を回復する際に
一時的に活性化した表皮細胞と一緒にメラニン色素を作り出す細胞が活性化したことによります。

 

ターンオーバーが上手くできていないと古いメラニン色素が体外に出されず、茶色いシミとして皮膚に残ってしまうのです。

 

炎症性色素沈着があるのが表皮の浅い部分なら、肌のターンオーバーにより自然に消えていく場合もあります。
しかし真皮部分にメラニンが定着すると、新陳代謝が遅いためになかなか消えないシミとなります。

 

ニキビ跡の色素沈着を消す方法ですが、美白成分であるハイドロキノンの使用が効果的です。
ビタミンCもある程度は効果が期待できますが、ハイドロキノンのほうがシミの漂白効果が高く、即効性が期待できます。
ターンオーバーを促すトレチノインと併用すると、皮膚内に蓄積されたメラニンを排出することができるので、
より高い効果を得られます。

 

またトラネキサム酸の飲み薬にはメラニン生成を抑制させる作用もあるため、色素沈着を消すために処方されることがあります。

 

飲み薬としてのビタミンCの摂取(メラニンの抑制とターンオーバーに効果が高い)や
ビタミンEの摂取(抗酸化作用で色素沈着しにくくする)も期待できます。

 

色素沈着が何年も消えずに残ってしまった場合、レーザーやピーリングで治療するのが効果的です。
ただしレーザーやピーリングでも必ず治るという保証はありません。
やはり色素沈着する前に、ニキビを早めに治療しておくのが一番です。