ニキビ跡の種類

ニキビ跡の種類

ニキビ跡の種類は「赤みが残る」「色素沈着が残る」「デコボコのクレーターが残る」といった3つが主にあげられます。

 

それぞれどういったものなのでしょうか。

 

赤みが残るタイプは、ニキビが炎症して赤くなった部分が、ニキビが治ってからもなかなか消えずに残ったものです。
ニキビの赤みが残ってしまうのは、ニキビのある周辺でうっ血が起こったか、
肌の中に炎症が残ってそれが透けて見えるからです。

 

この種類のニキビ跡は比較的軽症で、肌のターンオーバーが進めば
自然と薄くなって解消されるレベルですので、それほど心配はいりません。
ニキビ跡の赤みがなかなか消えないというときは、ターンオーバーが正常に行われていない可能性があります。

 

色素沈着とは、ニキビの炎症による赤みが、茶色いシミになって残ることです。
炎症後色素沈着といいます。
肌に炎症が起こると、紫外線から皮膚や細胞を守るためにメラニン色素が発生します。
色素は肌の新陳代謝によって少しずつ排出されていきますが、
ターンオーバーが乱れていると、追いつかずメラニンが皮膚に残り、色素沈着になってしまいます。

 

ニキビ跡の種類でいうクレーターとは、ニキビの跡がへこんで肌がデコボコになってしまった状態のことをいいます。
ニキビが炎症を起こすと白血球が周囲に炎症が広がらないように皮膚組織を破壊します。
損傷が皮膚の深い部分にまでおよんで、新しい皮膚を作る真皮層まで破壊されてしまうと、
再生がうまくいかなくなり、へこんだままになります。
こうしてクレーター状のニキビ跡が残ってしまいます。

 

クレーターにまでなってしまうと、自力の努力だけで治すことは不可能に近いです。
この種類のニキビ跡を治すには、クリニックでの治療等、プロの手を借りる必要があります。