ニキビ跡ができる原因

ニキビ跡ができる原因

ニキビ自体が落ち着いた後でも残ってしまったニキビ跡。
なかなか治らないことに悩んでおられる方も多いと思われます。
ニキビ跡ができる原因は何でしょうか。

 

ニキビ跡の正体、それは皮膚に残った傷です。
皮膚はターンオーバーといっておよそ28日周期で新しく入れ替わります。
それがうまくいかないと傷などが治りにくいといわれています。
ニキビの炎症が進行の過程で肌の奥深くまで進んで真皮層にまで達すると、
キレイに治らないことが多く、結果ニキビ跡が残ります。

 

さらに、一度ニキビ跡が残るとその部分の皮膚が硬くなり、毛穴がふさがって皮脂がたまり、
同じところに繰り返しでニキビができてしまうことがあります。
皮膚がますます硬くなり、でこぼこした治りにくいニキビ跡ができてしまいます。

 

また、乾燥もよくありません。
肌が乾燥すると外の刺激から守るため、毛穴が引き締まった状態になります。
そのため毛穴に皮脂が溜まりやすくなって、ニキビができやすく治りづらく、ニキビ跡も出来やすくなるのです。

 

ニキビができやすい人に多いのですが、皮脂や雑菌を落とそうとして洗いすぎることも原因となりえます。
肌を守る成分まで落としてしまうからです。

 

また肌ばかりでなく、体の中の栄養バランスが悪いと新陳代謝が悪くなり、治りにくくなる可能性があります。

 

ニキビができたからといって必ず跡が残るわけではありません。
しかし、ニキビが悪化して大きくなるほど皮膚へダメージを与える面積が大きくなりますから、
ニキビができたら、なるべく早く治しておくことで傷にならずにすみます。

 

なお、ニキビを指でつぶしてしまったり触りすぎたりすると、雑菌が入りニキビ跡が残る原因となるので注意しましょう。

 

ニキビ跡を消すには、時間と根気がかかります。
プロの手を借りなければならないケースも存在します。
しかしあきらめずに根気よく適切なケアを続けていけば、
何もしないよりは確実に早く綺麗にしていくことが出来るでしょう。