ニキビ跡のレーザー治療

ニキビ跡のレーザー治療

レーザー治療とは、増幅させた特定の波長の光を患部に照射して行う治療法です。

 

ニキビ跡のレーザー治療の仕組みは、ニキビ跡にレーザーをあてることで小さなダメージを与えて、
周囲の皮膚の自然治癒力に刺激を与え皮膚の再生を活性化させるものです。

 

レーザー機器は特定の波長の光を照射しますから、症状によって機械を使い分けます。

 

例えば色素沈着に用いる場合、特定の色にのみ反応して破壊するレーザーを用います。
他の部分には殆どダメージを与えません。
ダメージを受けた部分は、かさぶたになって数日から一週間くらいではがれ落ちます。

 

ニキビ跡のレーザー治療は、効果は高いですがリスクもあります。

 

まず、保険が効かないケースが多く費用がかかり、治療をうける回数の分だけ出費が増えます。
病院により違いもあるのであらかじめよく調べておきましょう。

 

レーザーによるダメージは、普通なら問題はない程度とされていますが、
肌の弱い人や薄い人には刺激が強すぎて、赤く腫れたりすることがあるようです。

 

機器にもよりますが、輪ゴムではじくような感じの痛みを伴います。
あらかじめ顔にクリーム状の麻酔薬を塗ったり、顔を冷却するなど痛みを感じにくくする工夫は
用意されていますが、人によっては施術が困難なほどの痛みになることもあるようです。

 

施術後2週間くらいは患部をガーゼで覆う必要があります。
ガーゼを取ってからも赤みが数カ月程度は残ります。

 

レーザーで破壊した色素の周辺部分は軽い火傷のような状態になるため、
炎症性色素沈着を起こすことがあります。
この色素沈着は数ヶ月で消えます。
ピーリングなどのケアを行うことで早く消すことができます。

 

また、一時的にレーザーを照射した部分の色素が濃くなる場合があります。
これは一過性のもので、3ヶ月ほど経った後に薄くなっていきます。

 

そしてレーザー治療でもかならず治るとは限りません。
皮膚の再生能力には個人差が大きいためです。
また、完全に治っても、同じくニキビが出てきたら、再び治療を考えなくてはなりません。