赤みの原因と消す方法

赤みの原因と消す方法

ニキビ跡の赤みの原因はニキビによって肌が炎症を起こしたあとに残った腫れや色素沈着です。

 

ニキビが悪化していくと、毛穴に溜まった皮脂に細菌(アクネ菌)が繁殖し、皮膚が炎症をおこしてニキビの表面が赤くなります。
これを赤ニキビと呼んでいます。

 

ニキビ跡はこの赤ニキビ以降の段階になって出来てしまうことが大半ですので、気をつけてください。
白ニキビや黒ニキビなど、まだ炎症が強くならない段階でニキビが治れば赤くなってしまうことはあまりありません。

 

しかし、できたニキビを放置していたり、不適切なスキンケア等が原因でニキビを悪化させると、赤ニキビとなってしまいます。こうなるとニキビ自体は治っても、赤みだけがニキビ跡として残ってしまいます。

 

赤みが残るタイプのニキビ跡は比較的軽度なので、肌の新陳代謝によって自然に消えていくこともあります。
大体数ヶ月くらいで消えることが多いようです。
しかし場合によってはいつまでも残って消えないことがあります。
それは紫外線の影響でニキビ跡が色素沈着をおこして、シミに変化してしまうことがあるからです。
それがニキビ跡の赤みが消えない原因です。

 

赤みタイプのニキビ跡は、実はまだ肌のダメージが治りきっていない状態です。
表面では腫れも収まり炎症も引いているように見えますが、肌の内部には炎症が残っているのです。
そのため赤みタイプのニキビ跡は、紫外線や外部刺激によってニキビが再発する可能性もあります。
赤みの消えないニキビ跡ができてしまったら、ニキビ跡を消す対策だけでなく、
UV対策もいっしょに行い日焼けに注意しましょう。

 

赤みのあるニキビ跡を消す方法ですが、ビタミンCが一番効果的なようです。
ビタミンCは肌の炎症を抑えたり、色素沈着でできたシミを消していく働きがあります。
ビタミンCの中でも水溶性のものがニキビ対策に最適です。
そしてL-アスコルビン酸の形でビタミンCが配合されているほうが、ビタミンC誘導体よりも効き目は早いといわれています。

 

内服薬(飲み薬)を用いる場合は、アクネ菌を殺菌する目的で抗生物質が処方されます。
消炎作用と殺菌作用があるため、ニキビとニキビ跡の赤みを同時に治療する効果が期待できます。